FunLifeHack
スポーツ

2020プロ野球開幕 NPBとMLBの年俸の差は??

プロ野球 2020 開幕!

新型コロナウイルスの影響で延期になっていたプロ野球がやっと開幕しました。
球場に行って応援できるのはもう少し先になりそうですが、ビール飲みながらひいきチームや選手の応援をするのは至福の時ですよね。

甲子園で大活躍した選手でもプロ野球で結果を残せる選手は限られています。
まさにスポーツエリートともいえるプロ野球選手ですが、その中でもトップ選手がいくら位報酬をもらっているのか調べてみました。
併せてメジャーリーグ選手の年俸も調査してみました。

NPB 高額年俸ランキング

順位 名前 球団名 推定年俸(円) ポジション 年齢
1 菅野 智之 巨人 6億5000万 投手 30
2 柳田 悠岐 ソフトバンク 5億7000万 外野手 31
3 サファテ ソフトバンク 5億 投手 39
3 山田 哲人 ヤクルト 5億 内野手 27
3 浅村 栄斗 楽天 5億 内野手 29
3 坂本 勇人  巨人 5億 内野手 31
3 バレンティン ソフトバンク 5億 外野手 35
8 森 唯斗 ソフトバンク 4億6000万 投手 28
9 松田 宣浩 ソフトバンク 4億5000万 内野手 37
9 丸 佳浩 巨人 4億5000万 外野手 31

トップは巨人・菅野選手の6億5千万でした。
リストにしてみるとソフトバンクの選手が5人、巨人の選手が3人とお金を持っている球団はやはり高年俸の選手が多いようです。
全体の平均年俸は3800万円。
2軍選手では300~500万円の選手もいます。
また1軍にいても出場機会が少なければ数千万円、1億円を超える選手はごくわずかです。そんな中でリストに上がっている選手は何年にもわたって人気と実力を保ち続けた結果として到達した金額なので納得ですかね。

MLB 高額年俸ランキング

順位 名前 球団名 推定年俸(円) ポジション 年齢
1 マイク・トラウト ロサンゼルス・エンゼルス 40億6700万 外野手 28
2 ゲリット・コール ニューヨーク・ヤンキース 38億8800万 投手 29
3 マックス・シャーザー ワシントン・ナショナルズ 38億7700万 投手 36
4 ザック・グレインキー ヒューストン・アストロズ 37億8000万 投手 36
4 スティーブン・ストラスバーグ ワシントン・ナショナル 37億8000万 投手 31
4 ノーラン・アレナド コロラド・ロッキーズ 37億8000万 内野手 29
7 ジャスティン・バーランダー ヒューストン・アストロズ 35億6400万 投手 37
8 デビッド・プライス ロサンゼルス・ドジャース 34億5600万 投手 34
8 マニー・マチャド サンディエゴ・パドレス 34億5600万 内野手 27
10 クレイトン・カーショウ ロサンゼルス・ドジャース 33億4800万 投手 32

メジャーリーグのトップはエンゼルスのマイク・トラウト選手でなんと40億円以上。
しかもこの契約は複数年契約となっており計12年間で総額482億円もの超大型契約です。ちょっとNPBとは桁が違いますね。
MLB10位の選手でも33億円でNPBに来たらダントツの一位になる金額です。
逆に菅野選手の年俸をMLBに当てはめると200位前後になります。

NPBとMLBの年俸は何故こんなに差があるのでしょうか?

こんなにも日米で年俸の差が出るのは不思議ですが、アメリカと日本ではプロ野球の経済規模に大きな差があります。
MLBの総収入は1兆2000億円以上になります。
これには、テレビの放映権料なども含まれています。
日本のプロ野球の総収入は1,000億円程度です。
アメリカと比較するとは1/10程度しかありません。
また、MLBには収益分配システムがあり、各球団は純収入の31%を機構に納め、機構はその徴収したお金を各球団に分配する仕組みになっています。
そのため収入の大きい球団から少ない球団に資金が分配されることになります。
結果として収益の少ない球団も選手に高い年俸を支払うことが可能になります。

これらの差がNPBとMLBの年俸の差に表れています。
日本で野球は一番人気(?)のスポーツですが、アメリカでの野球人気はやはりスケールが違います。
さすがベースボール発祥の地ですね。
アメリカにはバスケットボール、アメリカンフットボール、アイスホッケーといった野球に匹敵する人気競技があります。アメリカのスポーツへのエネルギーの大きさがうかがい知れます。