FunLifeHack
ライフ

子犬を助けるためにワニと格闘したスーパーお爺ちゃん in フロリダ

散歩中の子犬をワニにさらわれてしまったおじいちゃんが、決死の覚悟でワニと格闘し救い出した動画が話題を集めています。

フロリダ州エストロ出身のリチャード・ウィルバンクスさんは74歳。彼は、裏庭に面した池の周りを生後3ヶ月の子犬のガンナーと散歩していたとき、ワニが水から飛び出して、ガンナーをさらって池の中に引きずり込んでしまったのです。

「私たちは池のそばを散歩していただけでした。」とリチャードさんはテレビ番組のインタビューで語っています。「ミサイルのようにワニが飛び出してきました。ワニがあんなに速いとは思いませんでした。」と当時の様子を語っています。

その様子を見たリチャードさんは、助けるために本能的に水に飛び込みました。

ワニを捕まえることはそれほど難しくはありませんでした。幸いにも、ワニの体長は60㎝ほどで小型のものでした。一般的には、ワニは120㎝を超えると、非常に危険だと言われているそうです。

難しかったのはガンナーをかみついた顎を開かせることでした。そこで、リチャードさんはまずワニを岸辺まで引きずっていきました。そこで両手をワニの口突っ込んで無理矢理口をこじ開けることにしたのです。そしてようやくガンナーが逃げられるくらいにこじ開けることが出来たのです。ガンナーには一箇所だけ噛まれた傷があったが、ウィルバンクスの手はすべて噛み砕かれていた。

この出来事の一部始終は、フロリダ州野生動物連盟とfSTOP財団が設置していた野生動物用カメラで撮影されいました。このカメラは、野生動物を理解し、感謝するための「Sharing The Landscape」と呼ばれるキャンペーンの一環として、野生動物を撮影するために設置されていたのです。

「私たちは野生動物と共存して暮らしています。」とフロリダ野生生物連盟のメレディス・バッド氏は説明しています。「私たちはただ野生動物を容認するのではなく、むしろ、共有された風景の中で野生動物と一緒に繁栄したいのです。」

愛犬が危険に遭遇したものの、リチャードさんもこの考え方に賛同しています。ワニは自然の一部であり、人々の生活の一部であるため、ワニを他所に移したり根絶を望んではいません。

そのため、再発しないようにガンナーを散歩に連れ出すときは必ずロープに繋いで、池の縁から少なくとも3メートルは離れた場所を歩くようにしているそうです。

フロリダ州野生生物連盟とfSTOP財団は、このビデオをインターネットに公開したところ、40万回以上の再生回数を獲得し話題になったのです。

多くの人々が、リチャードさんが子犬を救うためにためらわずに行動したことを絶賛しています。中には、格闘中にもかからわず咥えた葉巻を落とすことなく救出したことに話題にしている人も見受けられました。