ライフ

写真家RK氏こと小菅亮輔氏の写す「アジア」がスゴイ

どこの国、都市でも美しい風景を見つけることはできます。今、人気の写真家でありインフルエンサーでもあるRK(小菅亮輔)氏は、日本、台湾、中国、ベトナムなど、東アジアの国々を中心に、驚くような写真を撮っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

RK氏は、写真家としてだけではなく非常に多才です。普通の街並みや風景、その中で生活してる人々が、当たり前のように過ごしている日常が彼のレンズを通すと驚くほど美しく、印象的になります。自然と文化が入り交じり、様々な人々がにぎわい、あるいは逆に穏やかに調和して暮らしている様子が、素晴らしいディテールと共に見て取れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿


2013年、RK氏はグラフィックデザイン会社に勤務するかたわらでiPhoneだけを使って撮影・編集を開始したそうです。
2017年、Apple銀座でイベントを開催し話題になります。グラフィックデザイナーやDJをこなしながら写真家として本格的に活動を始めました。
2018年、フリーランスとなり、使用機材もiPhoneから一眼レフカメラに転向し、「おじいちゃんin秋葉原」、「台北橋バイク」などのシリーズを撮っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

現在、RK氏はアーティストの村上隆氏やKAWS氏の著名人や、街、建物、自然などを幻想的な色彩で表現し、国内のみならず海外メディアでも多数取り上げられています。また、様々なジャンルのブランドとコラボレーションし、アジアを中心に精力的に活動しています。インスタグラム公式アカウントのフォロワーは約60万人を超えるまでになっており、もっとも注目されている日本人アーティストの一人と言えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿