FunLifeHack
ライフ

マツコの知らない世界 れんこんマニア阪井明子さんとは?

渋めの野菜という印象があるれんこん。おもな産地は茨城、徳島、佐賀などが有名です。生産量は全体の3%程度と少ないのですが、実は新潟でも生産されています。新潟県内の主な産地となっているのが五泉市。その五泉市在住のれんこんマニア阪井明子さんがTBSの人気テレビ番組「マツコの知らない世界」に出演します。

れんこんマニア 阪井明子さんとは?

「世界で一番レンコンが好きではないか」ご自身のことを表現する阪井明子さん。昔からレンコンが好きだったそうで、本業である婦人服店の7代目をこなすかたわらに、れんこんをモチーフにした様々な取り組みをおこなっています。

れんこんアクセサリーを作成する教室を開催したり、れんこんを使ったレシピを考案したりとれんこん愛が止まらない様子です。その中でも「五泉美人」とようかんを組み合わせて開発した和菓子「あんこん」は、新潟日報で取り上げられるほどの会心作となっています。

祝💕完成‼️
世界初✌️極小レンコン入りの羊羹✨
名前は レンコンとあんこの組み合わせで「あんこん」

こんな小さいレンコン見たことない!っていう可愛いレンコン入りの羊羹!
五泉市本町2「寿々長」さんと本町3「山長」のコラボ和菓子❤️
食べる縁起物として売り出そうと考案しました🎵
1つ230円です❣️

阪井 明子さんの投稿 2019年12月19日木曜日

あんこんは二層になっており、上部は透明な寒天を溶かして作る。中のレンコンの輪切りがはっきり見えるよう工夫した。下部のあんこにも細かく切ったレンコンを入れ、シャキシャキとした食感も楽しめる。

阪井さんは「世界一小さなレンコンの輪切りを使った、どこにもないお菓子。レンコンの歯ごたえと、ようかんのとろける食感を楽しめ、正月にもぴったり」と話す。

鈴木さんは「レンコンの輪切り模様や、ようかんの上下のコントラストなど、見た目もきれいにできた」と手応えを語った。

新潟日報より引用

五泉市のれんこん

阪井さんの出身地である五泉市は新潟でも有数のれんこんの産地。五泉市で採れるれんこん「五泉美人」は、市内の豊かな清水と肥沃な大地が育む美白れんこんとして人気です。その名のとおり、越後美人にも似た「肌の白さ」が特徴です。つややかな表面と、肉厚でシャキシャキとした心地よい食感のれんこんは五泉産ならではのものと言えます。れんこんなら五泉産と料理店が名指しするほどの品質のようです。

美味しいれんこんが身近に在ったからこそ、ここまでのれんこん愛が形成されるんでしょうね。

「マツコの知らない世界」の放送内容は?

「穴が生み出す美味さ!レンコン」というサブタイトルで放送予定です。

ホームページを見ると「シャキシャキ食感が堪らない!すりつぶしてさらに楽しめる!レンコン!スイーツの新素材にも!?」となっており、彼女が考案したさまざまなレシピが登場しそうです。ひょっとしたら「あんこん」を超えるヒット作が出てくるかも知れませんね。