FunLifeHack
アート

ロスの住宅街を鮮やかな油絵で描き出す画家 セス・アームストロング

セス・アームストロングは、「絵を描くときに考えるのは、基本的に色と光です」と言います。ロサンゼルスを拠点に活動する画家アームストロングは、生まれ故郷であるカリフォルニア州の丘陵地帯を、油絵具を使って、大胆で豊かな色調で描いています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seth Armstrong(@armstrongseth)がシェアした投稿

ロスアンゼルスで生まれ育ったアームストロングは、アートの勉強とキャリアをスタートためにカリフォルニアの湾岸エリアに移りすみ、オークランドやサンフランシスコで様々な展示会に初期の作品を展示してきました。オランダ留学中に、油絵のタッチと光の表現方法に夢中になったのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seth Armstrong(@armstrongseth)がシェアした投稿

夕暮れ時や日の出直後の光の中に浮かぶ家々や植物を描くアームストロングは、ハイパーリアリズムと、ジェスチャー的なタッチの両方をバランスよく巧みに使い分けています。密な感じになる風景も、時折加える鮮やかな色合いによって魔法のように覆い隠しています。アームストロングは、作品を実際に見てみないと細かい部分は気づきにくい、と言いますが、彼の作品にはこのような魔法のように感じさせる部分があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seth Armstrong(@armstrongseth)がシェアした投稿

「私にとってペインティングは、光と色の描写以上のものになっています。しかし、それは個人的な関係です」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seth Armstrong(@armstrongseth)がシェアした投稿

現在、彼は油絵画家としてだけではなく、リアルでドラマチックな絵で商業イラストレーターとしても活躍しています。ヨーロッパや北米中の広告や記事、そしてジェイ・Zやニッキー・ミナージュなどのアーティストのためのコンサートで彼の作品は数多く取り上げられています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seth Armstrong(@armstrongseth)がシェアした投稿

彼の作品を投稿しているインスタグラムアカウントは5万人近いフォロワーが付くほどの人気を集めています。