FunLifeHack
ライフ

「スケ・ボーン展」サンシャイン水族館の攻めた展示を楽しもう

毎回、攻めた展示で人気のサンシャイン水族館。2021年7月16日から始まった企画「スケ・ボーン展」も、その奇抜さでネット上で話題になっています。

どんな展示なの?

池袋のサンシャインシティにあるサンシャイン水族館は新しく始めた新しい特別展示「スケ・ボーン展 ~meets 亀の甲羅はあばら骨~」。タイトルだけだと何の展示か全くわかりませんが、「スケ」は「透け透け」の「スケ」で、透けることを選んだスケスケな生き物たちの生きるための戦略を展示しています。「ボーン」は骨。生き物の骨が透けて見える透明標本などの展示生物を見ながら美しい骨の世界を堪能できる企画になっているそう。そして「~meets 亀の甲羅はあばら骨~」は話題の書籍とのコラボレーション企画になっています。

会場は5つのゾーンで構成

  • 「軟骨と硬骨」、「なるほどTHEボーン」、「かくれんボーン」の3ゾーンは「骨を知り、骨を学ぶ、そして楽しむ!」をテーマとしてます。透明標本作家の冨田伊織氏が制作した儚くも美しいアートのような標本作品の数々の展示を始め、いろいろな企画が用意されています。
  • 「スケルテン」では「不思議すぎる透明な生き物たちの戦略が学べる」ゾーンとなっており、透ける生き物を多数展示しています。
  • そして「カメの甲羅はあばら骨ワールド」ゾーンでは、「話題の書籍とのコラボ!人体変形から学ぶ生き物たちの骨格」として、古生物学研究者の川崎悟司氏の著書「カメの甲羅はあばら骨」シリーズとのコラボしており、動物たちの構造・進化の真実を、衝撃的とも言える人体変形イラストと展示を通して楽しめます。

オリジナルグッズも多数販売されるほか、サンシャインシティや池袋の街中でも「動物人間」関連のイベントが開催されるそうです。

展示期間:2021年7月16日から2020年1月30日
入場料:800円
※年間パスポート所持・水族館本館ほか下記対象施設およびイベント利用をした人は入場料金400円です。
※イープラス限定「特典付前売入場券」は1500円。
※価格はすべて税込みです。