FunLifeHack
アート

国境を跨ぐシーソー デザインアワードを受賞

デザイン分野で注目されている賞レースであるビーズリー・デザインズ・オブ・ザ・イヤー 2020(Beazley Design of the Year 2020)にアメリカとメキシコの国境にまたがる鮮やかなネオンピンクの3本のシーソーが選ばれました。

オークランドを拠点とするアーティストであるロナルド・ラエル氏とバージニア・サン・フラテッロ氏によって考案されたこのインパクトと遊び心あふれるプロジェクトは、2019年7月にアメリカのテキサス州エルパソとメキシコのシウダード・フアレスの間の国境に設置されました。国境には高さ約6メートルの障害が存在するにもかかわらず、2つのコミュニティを物理的に結びつけました。

ラエル氏とサンフラテッロ氏は、2009年からトランプ政権下で国境が分断されるまでの10年間、アメリカ-メキシコ間の国境をリサーチし、「Teeter-Totter Wall(シーソーの壁)」の設置に取り組みました。実際にシーソーが使用されたのは1時間に満たない短い時間でしたが、このインタラクティブな作品は、両国の子供と大人がお互いを物理的に持ち上げ合うことで、団結力を育み、それを表現することを目的としていました。政権が国境で家族を引き離すことに対応して、ラエル氏はこのプロジェクトについてこう書いています。

「Teeter-Totter Wall」は、2つの国、2つの人々が平等を達成するために必要なバランスを表しており、一方の側の行動がもう一方の側に直接的な結果をもたらします。ティータートッター(シーソー)は、変えることが出来ない物理的なルールです。すべての文化や宗教によって共有されている格言でもあり、自分がされたらうれしいと感じることを他者にもおこなうように接するということです。ティータートッターで喜びを体験するには、他の人が同様に喜びを体験できるようにしなければなりません。

また、デザイン博物館のホームページにはこのプロジェクトが行われた背景を下記のように説明しています。

建築スタジオRael San Fratelloは、2009年からメキシコとアメリカを隔てる国境を研究してきました。

境界線を二国間の関係を断ち切る場所として捉え、国境を越えた市民がつながる場所を作りたいと考えた彼らは、鉄製の国境の壁の隙間に挿入するために、鮮やかなピンク色の「ティーター・トッター」(シーソー)を3つデザインしました。

デザイナーの一人はメキシコのフアレスから、もう一人はアメリカのエルパソから参加しました。2019年7月28日の20分弱の間、エルパソとメキシコのアナプラのコミュニティの住民は、初めて遊びを通して団結することができました。

アーティストのロナルド・ラエルとバージニア・サン・フラテッロがコレクティーボ・チョペケと共同でデザインしました。

デザイン博物館ホームページより

ビーズリー・デザインズ・オブ・ザ・イヤーってなに?

ビーズリー・デザインズ・オブ・ザ・イヤー(Beazley Designs of the Year)は、英国ロンドンにあるデザイン博物館(The Design Museum)が主催し、毎年開催されている国際的なデザインアワードと展示会です。この賞はデザイン分野では高く評価されている賞の一つで、2020年で13回目の開催となります。Architecture(建築)・Digital(デジタル)・Fashion(ファッション)・Product(製品)・Graphic(グラフィック)・Transport(交通)の6つのカテゴリーにわたり、世界中のデザインの専門家から応募があった作品の中から、その多様性・創造性・イノベーション・インパクトが認められた作品がノミネートされます。

Transport(交通)カテゴリーを受賞した「Teeter-Totter Wall(シーソーの壁)」の他の受賞者の中には、CDCのアリッサ・エッカート氏とダン・ヒギンズ氏によるSARS-CoV-2の3Dレンダリングや、インドの農村の立ち退きに対応してソーシャル・デザイン・コラボレイティブが考案した「ModSkool」という、簡単に組み立てて取り外すことができる可動式の建物などがあります。

3月28日まで開催されている美術館のバーチャル展示で、トップデザインをチェックしてみてはいかがだろうか。また、Rael San FratelloのサイトやInstagramでは、2人のソーシャルマインドを持ったプロジェクトをもっと見ることができる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RAEL(@rrael)がシェアした投稿