FunLifeHack
フード

東京たらこスパゲッティの次は東京とろろそば かつやが新ブランドを展開

人気とんかつチェーン店「かつや」や、から揚げ専門店「からやま」などを展開しているアークランドサービスホールディングスが蕎麦をテーマにして新ブランドを立ち上げています。

アークランドサービスと言えば、宮益坂にたらこスパに特化した「東京たらこスパゲッティ」をオープンさせ、連日行列になっているのが話題になったのを覚えている人も多いのではないでしょうか。

そんなアークランドサービスが新たに展開をしているのが「東京とろろそば」。そのものずばりのネーミングですが、「とろろそば」に特化した蕎麦屋になっています。たらこスパにも増して一層ニッチな路線に行っているように感じられますね。

今年8月に東京・五反田に開店した1号店につづいて、12月には神奈川県相模原市に2号店がオープンしました。

蕎麦屋と言うと日本酒で一杯、を想像する向きも多いでしょうが、「東京とろろそば」ではアルコールを提供せず、蕎麦一本で勝負をかけています。

東京とろろそばのコンセプトは「働くオヤジは忙しい。スッとした店でスッとしたそばをスッとすすって、 ちょっと豊かに」というもの。本格的な高級蕎麦やというよりは、そばのファーストフードといった雰囲気でしょうか。
店内はすっきりとした和モダンな内装で、気軽にサッと食事ができるようになっています。看板商品は「肉とろろそば」。甘辛く煮込まれた肉は柔らかくタップリ。とろろはすりおろしではなく極細の千切り。とろろのねばねば感と共にシャキッとした食感も楽しむことが出来るようになっています。
とろろそばと銘打ってはいますが、それだけという訳ではなく、メニューは豊富です。普通のきつねそばやぶっかけ蕎麦などもあります。また、ご飯系が充実しているのも、がっつり食べたい人にはうれしいところです。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

まだ2店舗ですが、今後も拡大をしていくのでしょうか。さっぱりと食事をしたい時には良い選択肢になるのではないのでしょうか。