FunLifeHack
ライフ

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅、虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー オープン!

虎ノ門ヒルズ駅

2020年6月6日に日比谷線に虎ノ門ヒルズ駅がオープンしました。
1964年に日比谷線が全線開業して以来、56年ぶりの新駅となります。
徒歩7分(約400メートル)のところにある銀座線 虎ノ門駅と地下連絡通路で結ばれ、この2つの駅は乗換駅になります。

東京メトロマップ
虎ノ門ヒルズ駅の周辺地図

虎ノ門ヒルズ森タワー、6月11日にオープンしたビジネスタワーにも直結しています。
また駅周辺で進められる再開発プロジェクト「虎ノ門・麻布台プロジェクト」とも接続され利用者増加が想定されています。

虎ノ門ヒルズビジネスタワーも併せてオープン

虎ノ門ヒルズ 森タワーの横に「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」がオープンしました。
総貸室面積約 96,000㎡の大規模オフィスと、約 7,600 ㎡の商業施設を有する、地上 36 階建ての複合タワーです。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー (後方は森タワー)
虎ノ門ヒルズ駅との位置関係

ビジネスタワーのフロア構成は下記のようになっています。
 ・5階~36階   オフィスフロア
 ・4階      インキュベーションセンター
 ・地下1階~3階  商業施設

ビジネスタワーのテナント

商業施設には物販フロアやスーパーマーケットなど、全59店舗が入ります。
地下1階はスーパーマーケットやレストランなど9店舗を集めて「飲食・食物販フロア」とし、1階はスイーツやワインショップなど「食物販フロア」、2階はメキシカンデリ「Tacos Way」、書店「SPBS TORANOMON」などがあります。
3階は「虎ノ門横丁」と銘打ち東京中の有名店26店舗が入っています。
「鳥茂 分店」や「築地銀だこ」(中央区)の新業態店「築地金だこ」、ラーメン店「鮎(あゆ)ラーメン+(プラス)」、ギョーザ店「虎ノ門PAIRON」などが出店しており、食事、呑みの両方に使えるようになっています。

虎ノ門横丁のテナント

まとめ

新型コロナウイルスの影響もありひっそりとオープンした印象もあります。
周辺は再開発が進み、日々大きく変化をしていっています。
ちょこちょこ遊びに行って町の変化を楽しむのもいいのではないでしょうか。