FunLifeHack
フード

フォルクスワーゲンの最も売れている製品は車ではないのをご存知ですか?

フォルクスワーゲンゴルフは歴史的にドイツの自動車メーカーのベストセラーモデルとなっていますが、意外にも同社のベストセラーではありません。この会社のベストセラーは超人気で美味しいと言われている「ソーセージ」なのです。

VWはドイツのヴォルフスブルクにある自動車工場で50年近くソーセージを生産しています。伝統的なソーセージは、「199 398 500 A」という独自のパーツコードを持つほど、企業文化と歴史の重要な部分を占めています。フォルクスワーゲンがスタジアムやドイツの店舗で販売するようになり、徐々に人々に愛されるようになりました。元々は会社員のために作られたソーセージなので、品質は最高と言われており、実際に全国のフードフェアや展示会で何度も賞を受賞しています。

自動車メーカーの食品部門で生産される約670万本のフォルクスワーゲンのカリーヴルストソーセージのうち、4割が従業員の消費となっていますが、VW社員以外の需要も絶大です。ソーセージの大部分はスーパーマーケットの大規模なネットワークを介して販売され、11カ国の家庭で楽しまれています。

当初、VWは自社農場の牛肉や豚肉を使ってソーセージを製造していましたが、需要の増加に伴い、現在ではそれができなくなってしまいました。しかし、現在でも地域の農家から調達した肉を使用しており、品質は相変わらず高く保たれています。現在フォルクスワーゲンで食品生産の責任者を務めるディートマール・シュルツ氏は、ソーセージ文化が豊かなドイツのバイエルン地方では「ヴルスト」が人気だと主張している。

「本当にただのソーセージですが、社会のあらゆる階層で人気があります。高級管理職でさえも誰もがそれを愛しています。」と、シュルツ氏は誇らしげにOzy Magazineに語った。

VWのソーセージのレシピは企業秘密ですが、一部の情報筋によると成功の理由の1つは脂肪分が少ないことだと言われています。牛肉は1990年代のBSE危機の際にレシピからカットされました。使用されている豚肉の脂肪分は、他のほとんどのソーセージの35%以上ですが、このソーセージはわずか20%です。。肉に塩、胡椒、カレー、生姜などを混ぜて、13cmや25cmのメンブレンに詰めて包装しています。

VWの食品部門で働く30人のスタッフは、毎日18,000本から20,000本のソーセージを製造しているといいます。

ちなみに、フォルクスワーゲンは独自のスパイスケチャップも生産しているが、ソーセージほどの人気はなく、年間60万本ほどしか販売されていないそうです。