FunLifeHack
アート

3D2次元彩色 MAマンさんのフィギュアペイントがスゴイ 3Dがまるで2Dに

「フィギュア筆塗りリペインター」を名乗る日本のアーティストが、漫画のキャラクターフィギュアをリペイントすることで独自のカスタムアート作品に変身させ、ネット上で話題になっています。

TwitterでMAマンと名乗るこのアーティストは、「ドラゴンボール」や「ジョジョの奇妙な冒険」などの人気漫画の市販のフィギュアを、筆を使って筋肉や服の陰影やしわなどを強調することで、三次元であるはずのフィギュアがまるで二次元の絵のように見えるようになるのです。

MAマン氏は、小中高で絵画と書道を学び、美大で写実系油彩画を勉強して卒業l美術教員免許取得したそうです。その後、起業するも1年でその会社は解散してしまい、就職するものの、そこも半年で退社をしたそうです。現在あh、書道系の仕事をこなしつつ、リペイントをこなすていますが、基本は引きこもりの生活をおくっているそうです。

「フィギュアをもっとカッコよく!」をモットーに360度どこから見ても楽しめることを目指しているそうです。

MAマン氏は、TwitterYouTubeで作品を公開しており、以前は制作依頼も受け付けていたようですが、需要が高いためか、現在は停止中となっています。