FunLifeHack
おもしろ話

エリデイ島 世界で最も孤独な家はなぜ建てられた?

見渡す限りの海に囲まれた小さな無人島の緑の丘の上に1軒だけでポツンと建っている白い家の写真は、何年も前からインターネット上で話題になってきました。いつの頃からか、「世界で最も孤独な家」という称号まで獲得しています。

ヴェストマン諸島はアイスランドの南海岸沖に位置しており、小さな島々の集まりで構成されています。「世界で最も孤独な家」があるエリデイ島(ElliðaeyまたはEllidhaey)は、これらの諸島の中で最も北東にあります。
草が茂った傾斜した牧草地の中にこの島で唯一の家があるのです。
1930年代から定住者がいないこの島になぜこのようなモダンな家が一軒だけ存在しているのか誰もが不思議に思うでしょう。

何年にもわたって、この家について様々なうわさが流れました。とあるビジネスマンによってゾンビ黙示録の避難所として建てられたとか、宗教的狂信者が所有物している家である、などネット上で言われてきました。中にはアイスランドの人気歌手ビョークが隠れ家として所有しているという話が広がったこともあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Adventures Land(@theadventuresland)がシェアした投稿


では実際のところはどうなのでしょうか。「世界で最も孤独な家」の真実はうわさ程奇抜なものではありません。それは1950年代にエリデイ狩猟協会が建てた狩猟小屋だそうです。協会のメンバーがパフィン(ニシツノメドリ)狩猟のためにこの島に来島した時に利用している設備とのことでした。

興味深いことに、もともとこの島には数家族が生活していましたが、1930年代まではすべての家族が人口が多いアイスランド本島に移住してしまいました。しかし彼らは、この島にはパフィンや魚が豊富なことを知っていたので、定期的に島に戻って狩りをしていました。もしかしたらそれが狩猟協会の始まりなのかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@little.curationがシェアした投稿


この狩猟小屋は、狩猟協会によって良好な状態で管理されていますが、快適とまではいかないようです。人里からは遠く離れ、電気やガス、水道などは当然ありません。生活に必要な水は雨水に頼っています。しかし、意外なことに雨水を利用したサウナがあるのです。しかも周りにはフェンスがめぐらせてあります。周囲には覗き見る人など誰も住んでいないのですが…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Clutch Cörner(@theclutchcorner)がシェアした投稿


エリデイ島はウミツバメをはじめとする海鳥の主要な営巣地であるため、自然保護区などに指定されていますが、猟友会のメンバーが鳥を狩りに来ることは禁止されてはいないようです。

どうしてもこの島に行ってみたい人は、ヴェストマン諸島のツアー会社が、これらの無人島への日帰り旅行プランを提供しています。