FunLifeHack
フード

端野一郎氏が紹介するサンラータン麺 実は日本が発祥 マツコの知らない世界に出演

肌寒い日が増えてきて暖かい食べ物がおいしい季節になりました。ラーメンも良いですがたまには酸辣湯なんてのも良いですね。適度の酸味とスープの旨味、温かさを保ってくれるとろみがこの時期にはうってつけです。

実はこの酸辣湯麺、中華料理ではなくて日本発祥の料理なんです。天津飯は日本発祥なのは有名ですが、酸辣湯麺もそうだったんですね。

酸辣湯麺の発祥は「榮林 赤坂本店」

この料理を発明したのは赤坂にある中華料理レストラン「榮林 赤坂本店 (エイリン)」。創業64年を誇る老舗の人気店です。酸辣湯麺は、もちろん現在でも「元祖榮林酸辣湯麺(すーらーたんめん)」として人気を誇っています。ちなみに値段は1,500円(税別)

食べログのスコアは実に3.7を超えており、人気のほどが判ります。口コミを見てみるとやはり元祖榮林酸辣湯麺を頼んで知る人が圧倒的に多いのが判ります。

関連ランキング:中華料理 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

「マツコの知らない世界」にサンラータン麺マニア 端野一郎氏登場

11月23日放送の人気テレビ番組「マツコの知らない世界」にサンラータン麺マニア 端野一郎氏が登場するそうです。この人、サンラータン麺を食べ歩いて都度インスタグラムに上げている知る人ぞ知る人物なのです。

連日のように、食べたサンラータン麺の特徴や具材、感想を上げているんです。飲食店関係の人かと思いきや、実は普通のサラリーマンをやっているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハシノ(@guatarro)がシェアした投稿

この冬、ちょっとしたサンラータン麺ブームが起きますかね。