BE:FIRST

BE:FIRST(ビーファースト)メンバーを表す推マーク絵文字とは?理由も解説

BE:FIRST(ビーファースト)は2021年に行われたオーディション「THE FIRST」で選ばれました。

そんなBE:FIRSTのメンバーをそれぞれ表す絵文字があるのをご存知ですか?
SNSなどで絵文字だけでメンバーを表すことができるので一目瞭然、可愛くて便利なのでファンの間ではよく使われています。

今回はメンバーの絵文字についてご紹介するとともに
どうしてその絵文字を使うようになったのか?解説します。

メンバーの絵文字

SOTA SHUNTO MANATO RYUHEI JUNON RYOKI LEO
🕺 🧢 🐧 🐲 🐢 🐩 🦁
ダンサー キャップ ペンギン プードル ライオン

SOTA(ソウタ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

SOTAの絵文字は🕺(ダンサー)です。
ダンサーの理由は、SOTAのダンスはレベル違い、圧倒的にダンスが上手だからです。

SOTAはBE:FIRSTのメンバーになる前はダンサーで、世界大会で何度も優勝したことがありました。
そのためSOTAの絵文字はダンサーになったのです。

最初に中央で踊っているのがSOTAです。

SHUNTO(シュント)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

SHUNTOの絵文字は🧢(キャップ)です。
キャップの理由は普段からSHUNTOがキャップを愛用しているからです。
特に印象的なのがオーディション2次審査でのキャップ姿です。

 

MANATO(マナト)

MANATOの絵文字は🐧(ペンギン)です。
理由はスタイリッシュで目がステキだからです。

2次審査の時の前髪が長い感じがペンギンっぽいでしょうか?

RYUHEI(リュウヘイ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

RYUHEIの絵文字は🐲(龍)です。
これはRYUHEIの名前、黒田竜平からきています。
ちなみに龍平ではありません。

JUNON(ジュノン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

JUNONの絵文字は🐢(亀)です。
理由は、おっとりした性格だからです。

また本名が池亀樹音といって名前に「亀」が入っています。
そのためJUNONも普段から自分を表すのに亀を描いていたようです。
タワーレコード渋谷店で1日店員をした名札の裏に亀のイラストを描いていたようです。

RYOKI(リョウキ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

RYOKIの絵文字は🐩(プードル)です。
これは2次審査の時にRYOKIが着ていたトレーナーがブードルの絵だったからです。

しかし、このトレーナーのイラストが実はプードルではなかったそうです。。
が、今やRYOKIは🐩と認識されているので、このまま変わらなさそうです。
ちなみにRYOKIは動物が好きで犬にも目がないので、プードルでも良いと思います。

LEO(レオ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

LEOの絵文字は🦁(ライオン)です。
由来はレオの本名、上村礼王(レオ)からです。
LEOは英語でライオンのことですよね。
また、体格もがっちりしているところから🦁となりました。

推しマークを付けたのはオーディションから見守っていたファン

Twitterの情報によると🦁ひかこ🦁さんが他のフォロワーと意見を交換して推しマークとしてまとめたようです。

BE:FIRSTのメンバーだけでなく、社長のSKY-HIやTHE FIRSTの合宿審査に参加したメンバーのマークもあるようです。

BE:FIRSTのメンバーを表す推マーク絵文字をご紹介しました。
ぜひSNSなどで使って楽しんでいきたいですね。